pretty pretty

アクセスカウンタ

zoom RSS 時が少し過ぎて

<<   作成日時 : 2007/03/30 21:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 私には昨年とても気になるブログがありました。
 このことを自分の頁に書くのははじめてなんですけれど。
   ”愛しのサザビー” という、パピヨンと猫と暮らし、闘病生活をされてい
 た女性Aさんのブログです。

 昨年お亡くなりになって、お会いしたこともなくて、ブログを知ったのもまだ
 去年の秋で、でも・・・

 彼女のブログは、犬・猫・闘病・そしてお散歩場所と全て私にとって身近で、
 文章表現も豊かで、1度読んだらまた来ずにはいられない、とっても不思議
 な魅力がありました。
 私は自分のブログを開くより、彼女のブログを先に開いて見ていました。
 そういう人も多かったんじゃないかな?

 Aさんはとても頑張って病気と闘っていたけれど、ある日、もう手術はしない
 とブログに書きました。その時、詳しい病名や病状もわからなかったけど、な
 んとなく自分の運命を悟ってその上での決断なのかななんてふと考えてしま
 い、でもそう思いたくなくて諦めないで欲しいなと願っていました。

 彼女はすごく我が子(サザビーちゃんやララちゃん)を愛していて、そのコ達も
 切ないほど、Aさんを愛しているのがブログを読んでわかりました。そんな人
 が映画やドラマみたいにほんとに亡くなったりはしないよね?と希望とか願望
 みたいなものをこれまた勝手に考えていました。

 彼女の訃報は私も色々あってなかなかブログを開かなかったので、少しあと
 でした。なんかがっくりきて、力が抜けて。
 
 しばらくAさんのブログから離れていたのですが、折りに触れては何かと思い
 出してしまい.、そんなある日お兄さんが「その後」を書かれていると聞き、見
 に行くようになりました。お兄さんのブログは短いのに、なぜか言いたい事が
 すごく伝わるんです。

 楽しかったり、気持ち分かるぞ〜っだったり、とても切なくなったりと、Aさんとは
 また、別の魅力に溢れたブログです。
 またサザビーちゃん達の元気な姿に会えて嬉しかったな。

 Aさんが生前我が子たちに残した声のプレゼントをずーっと聞いてたサザビー
 ちゃん達のお話は、とてもとても心に残りました。短い文章なのに、切なくても
 涙が出てくるものですね。二度と会えないAさんの、久しぶりに聞いた声を、あ
 のコたちはどんな思いで受け止めたのでしょう?

 そして他の人に触らせないサザビーちゃんがAさんのお友達に偶然会ったとき、
 触らせるという反応もまた心に響くものでした。

 フリーズした時のサザビーちゃんはお兄さんの言うとおり、そこに本当に彼女が
 いるのだと思います。そして風になった彼女と何か話しているのだとも。
 だから振り向いたサザビーちゃんはきっと心に何か満ち溢れていたものがある
 んでしょう。言葉が話せたらいいのに。
 
 私は今もきっとこれからも彼女のことは忘れないと思います。
 いつか会いたかったけれどそれはかなわないので。

 ZARDの古い歌が頭の中流れます。
 ”きっと忘れない”

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
時が少し過ぎて pretty pretty/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる